How to measure your petサイズ相談室コーナー

マナー(スーツタイプ)の計測部分

date : 2016/06/22 | category :

size_img02

 

最近では、ドッグカフェなどでも「マナーパンツ・スーツ」を着用必須のところも増えてきています。今まで着用したことが無い場合、ご愛犬に合うサイズで悩まれると思います。

 

今回は、需要の高いスーツタイプの計測部分についてお話します。
より適応するサイズ選びの為に計測する部分は、①ウエスト②パンツ丈③首まわり④腹丈になります。

 

  1. ①ウエスト・・・胴の一番くびれたところを測ってください。
  2. ②パンツ丈・・・尾の一番上の部分から着丈(首の付け根から尾の付け根)の長さ。
  3. ③首まわり・・・首の付け根。
  4. ④腹丈・・・のどの下から肛門までの長さ。

この4つを図って頂きサイズ表記の数値に近いものをお選びください。
ぴったり過ぎるより、少しゆとり(着用させ飼い主様の指が2本ほど入るくらい)が
あるほうが良いと思います。ご参考にしてくださいね。

採寸をする際の注意点

date : 2016/06/22 | category :

size_img01

 

 

採寸をする際のポイントは、2点あります。

 

まず一つ目は、測るべき正しい箇所を理解して、そこを正確に測ることです。
首まわり、胴まわり、着丈の3箇所を測るわけですが、それぞれに間違いやすい測り方がありますので、注意しましょう。

 

測る箇所を間違えれば、間違った寸法を頼りにお洋服のサイズを選んでしまうわけですから、わんちゃんに合わないサイズを購入してしまうことになるのです。

 

次に二つ目は、メジャーをつかって正しく測ることです。
市販のメジャー(ソーイング用)がよいでしょう。

 

メジャーをあてて測る際に、ギュッときつくメジャーを締め付けて測らないようにしてください。
ごく自然に軽くあてて、測ることがポイントです。

採寸する箇所・その3 着丈

date : 2016/05/18 | category :

img03

 

わんちゃんに一番ぴったりなサイズのお洋服を選ぶためには“採寸”がとても重要です。

ぴったりなサイズを選ぶことで、わんちゃんは快適に気持ちよく過ごすことができます。

逆に合わないサイズを着せてしまうと、動きに制限がかかったり、ひどい場合には痛みを伴ったりする場合もあるので、注意が必要です。

 

それは、どこを測ればいいのでしょうか?

 

最重要な採寸箇所は、三つあります。

首まわり、胴まわり、着丈です。

ここでは、着丈についてお話します。

 

着丈を測る場合の正しい採寸箇所は、首の付け根(首まわりを測った箇所)から尻尾の付け根までです。

これを測り間違えるパターンとしては、首の高い位置(首輪の位置あたり)から、尻尾までを測ってしまうパターンです。

私たちお洋服のメーカーの者が、お客様から、「体重2.5キロのトイプードルで着丈35cmです」と言われたら、着丈を測った位置が間違っていないか?と疑い、確認してから、サイズの相談によるようにします。

 

着丈があっている、あっていないで、着こなしやシルエットに大きく影響がでますので、胴まわり、首まわり同様に、とても重要な採寸箇所になります。