How to measure your petサイズ相談室コーナー

サイズ融通が一番効くストレッチ素材“アウトラスト”を使ったウェアのサイズ選びのコツ

date : 2016/09/27 | category :

size_img08

 

 

ドッグウエアを選ぶ際のポイントとなる素材。

同じサイズでも素材によって伸縮性も変わり、サイズ感・フィット感が違います。

ご購入の際は素材の伸縮性も考慮する必要があります。

 

現在、様々な機能性素材を使用したドッグウエアがありますが、弊社が推奨している機能性素材は、米国NASAのために生まれた温度調節素材「アウトラスト」です。

 

なぜならこの素材は温度調節に加え、生地の伸縮性が非常に優れ、フィット感や、動きやすさも抜群だからです。

 

例えば、弊社の胴回り規定サイズは36cmですが、実際、ご愛犬の胴回りが37cmだった場合でも問題なく着用できます。

 

それはストレッチが効くからです。つまり、サイズが規定サイズに微妙に合わない場合でもお選びいただきやすいのが、伸縮性の高い素材アウトラストの良さでもあります。

 

 毛量によってもフィット感が違い着こなしも変わってきますが、この素材はストレッチが効き、ボディに沿ってすっきりとしたシルエットになります。

ですからジャストサイズで着こなすのがオススメです。

 

補足ですが、アウトラストはNASAのために開発された技術で、極寒の天候下でも寒くなく、また高温の環境下でも暑くなりすぎないように、皮膚の表面温度を維持して、常に快適な温度帯が得られる、画期的な温度調整素材です。

 

アウトラストの機能のヒミツは、ミクロのPCM(Phase Change Material)を使用したアウトラスト社の特許技術が、体の熱さを感知して、余分な熱をグングン吸収・蓄積し、肌の表面温度を下げる働きをします。

 

逆に、寒さを感知すると蓄えていた熱を放出し、皮膚の表面温度をあげてくれるのです。

サイズに迷われた際は素材の伸縮性に着目してみることもひとつですね。

OUTLAST(伸縮性に富んだ素材)のサイズ選び

date : 2016/07/21 | category :

size_img03

 

皆さんOUTLASTという素材をご存知ですか?

アメリカのNASAの為に開発された、年中適温をキープしてくれる機能性素材です。
近年温暖化が進む中で夏場にも冬場にも大変重宝されています。


ドッグアパレルブランドでは先駆けて弊社が導入し、毎年たくさんのお客様にご利用頂いています。

 

今日はそんなOUTLASTシリーズの着こなしのコツ、サイズ合わせのご相談を頂きましたお応え致します。

 

OUTLAST素材を使用したウェアはレーヨン95%。
つまりよく伸びます。

 

伸縮が効くお陰で愛犬の動きに制限がかかることなく、のびのびと動き回ることも可能です。

シルエットはだぼっとした形ではなくタイトにあわせて頂けるので、冬場にはOUTLASTにアウターを重ね着されるオーナー様もいらっしゃり、オシャレのワンポイントアクセにもなります。


パンツ等と合わせる際は少し丈短めであわせてもいいかもしれませんね。

前述したとおり世界的に地球温暖がかなりのスピードで進行しています。
一般にいう夏、5月~10月の紫外線は角膜炎や白内障、皮膚トラブル等々愛犬に及ぼす影響は計り知れません。

 

元々犬は夜行性ということもあり、人間より紫外線に弱い生き物です。
また、温暖化の影響で真夏の地表温度は50℃~60℃に達すると言われています。
犬種によっては暑さにまいってしまうことも多いことでしょう。
そんな愛犬を守るべく機能性に特化した洋服は弊社としても是非お勧めしたい商品となります。

 

温暖化はこれから更に加速し、国連の最新報告では今後100年で平均気温が最大6.4℃上昇するといわれています。
ちなみに現代と100年前を比べると平均気温はおよそ0.6℃しか上昇していません。
つまり今後100年間は今までの10倍以上の気温上昇が予測されるということです。
この非常事態を鑑み、業界では今後も愛犬も守るためのアイテムもたくさん出てくることでしょう。

 

愛犬の体調の変化をいち早く察知し、対策を考えることはオーナー様の使命です。

 

きゃんナナはこれからもオーナー様とわんちゃんが一緒にファッションと健康を楽しんでいける商品を開発していきます。