News新着・お知らせ・イベント情報

サイズ表からぴったりのサイズが見つからない時には?

date : 2016/11/4 | category :

02

 

購入するお洋服のサイズを決定する時、首回り、胴回り、着丈を正しく計ることは重要です。


正しく計ったその数値と、メーカーが表示しているサイズスペックを照らし合わせて、もっとも近いサイズを選ぶと、適切なサイズを選択できます。

 

しかし、メーカーのサイズ表と、飼い主様の計った数値が、なかなか合致しない場合は、少し頭を悩ませることとなります。

 

そのような場合、 首回り、胴回り、着丈のすべてのスペックがサイズ表と合わなくても、どこか1か所ないし2か所のサイズがあえば、着心地としては、ある程度OKという理解でいいでしょう。

 

例えば、飼い主様の好みのスタイルが、“着丈は必ずしっぽのところまで欲しい!”というものであれば、着丈を最優先させて、胴回りや首回りはある程度の大きい小さいが発生してもOKとする、また、“暑い季節は、着丈は短くてもかまわない!”という場合は、胴回りでぴったりなサイズを見つけて、丈はあえて短めに着こなすということもいいのです。


ボトムにデニムやスカートをコーディネイトして、オシャレに着丈を調節するのもおすすめです。
お洋服は、季節や、デザイン、着こなしの好みに応じて、自分なりのサイズの選び方の基準をもっていると、より自由で、幅の広いファションを楽しめますね。